Interview

インタビュー

#就職進学クラスの学生 に聞きました。

STUDENT

現場の雰囲気や接客テクニックに
早くから触れられたのは、本当によかった

友倉 鈴太朗さん

理容科 就職進学クラス2年

長崎県立猶興館高等学校

株式会社コマキフリゼーア勤務

(取材年度:2021年)

「この人みたいに」と憧れられるスタイリストに

私は就職進学クラスなので、理容店でアシスタントをしながら学校に通っています。目標は卒業して一年以内にスタイリストになること。「この人みたいになりたい」と憧れられるようなスタイリストになるという夢を持っています。そのためにはお客様に楽しんでいただけるコミュニケーションを大事に、そして自分自身がかっこよくなる努力をしなければと思っています。理容師になりたいと思うきっかけになった理容師さんがいて、その方の立ち居振る舞いが目標になっています。一年以内にという期間は、職場の先輩と同じ期間です。活躍している先輩の姿を見て負けたくないな、と思います。

職場と学校の両立で私が得たこと

職場と学校を両立するということは、同時にそれぞれの課題や目標をクリアしていかなければならないと言うことです。なかなかハードな毎日でしたが、そのおかげで時間をやりくりするスキルや、自分でも驚くほどの集中力を養えたと思います。高校生の時からスタッフの皆さんと良い関係性を築けたことが、就職が決まってからの働きやすさにもつながりました。先輩たちもKOZUの出身者が多く、仕事以外のレッスンでも的確なアドバイスをいただけます。同じ道を通ってきた先輩方と働けることで安心感があり、自分にとってプラスになっています。

苦手な接客も克服できました

働きはじめたころは接客が苦手でどうしようかと悩んでいたら、先輩から「お客さまへの質問からはじめるといいよ」とアドバイスいただきました。スタッフの皆さんに協力していただき、質問し、受け答えをする練習を重ね、今ではお客さまとの会話が楽しみになっています。話のきっかけがあれば、その後はわりと上手く話せるようになったなと、成長を感じています。現場の雰囲気や接客テクニックに早くから触れられたのは、本当によかったと思っています。

熱く指導していただいた先生に感謝しています

KOZUは厳しかった?と聞かれることがあります。そんなとき私は、厳しいのではなく、先生方が本気でご指導してくださっているだけですよと、答えます。特に私の担任はとても情熱的な先生で、生徒のことを真剣に応援してくださっていることがひしひしと伝わってくるような方でした。正直なところ、いろいろ迷惑をかけたなと反省するばかりですが、苦しいときに励ましていただいたことなど、思い出すだけで感謝の気持ちでいっぱいになります。もうすぐお店には後輩が入ってくる時期になります。自分も先生のような情熱を心がけ、仕事も遊びも一緒に楽しめればなと考えています。

MAKING

メイキング

  1. HOME
  2. 学校案内
  3. インタビュー
  4. 就職進学クラスインタビュー